タケダワイナリードメーヌ・タケダ アッサンブラージュ赤 2006 大人気,人気セール —— 1,200円
割引: 14%OFF


昨年はゲットし損ねたアッサンブラージュ赤登場。アッサンブラージュとはフランス語で混ぜ合わせること、つまりブレンドされた、という意味になります。とうことで使っているブドウは4種類。メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、マスカット・ベリーA、ブラック・クイーン・・・全てタケダワイナリーの自社畑のものです。

先日、ワイナリーをお邪魔したときちょっと聞いてみました・・・。「アッサンブラージュ、作る前にワインのコンセプトは決まっているの?」という質問に・・・「う~ん、どちらかというと主婦感覚で・・・主婦は冷蔵庫を開けてから今日の夕ご飯は何にしようかな?と考えるんですね。できあがった葡萄を見てじゃこれとこれで、今年のこのワインはこう作ろうか?とやっています。若いころはこうしたワイン、アアしたワインと言ったスタイルがあって、なんとかそれに近づけようとしていたけれど、それって結構プレッシャーかかるんですよ。最近はあまりそう言うことを考えずに目の前の材料をどう美味しくするか、そんなところでワイン作っています・・・」との応え。

この一言、聴けただけでもはるばるかみのやま、きたかいが在ったな・・・。いつもワインから感じる、程よく肩の力の抜けた味わい・・・タケダのワインに共通したスタイルの元はこの辺りにあるのかも知れません。でも、その分素材にはしっかりと目を光らせる。トレードマークのサングラス越しに、畑で話しながらも葡萄への細かな気配り。葡萄の木が一本一本が可愛いんだろうな・・・・・。続けて・・・タケダのワインにはいわゆる青っぽさが無いんだけれど、との質問に・・「そー言われればそうかも知れません。収穫のタイミングだけは気を遣います。」とさらりとした解答。この辺りの「気負い」を見せないところが、さらになるほど!といった感じですね。

さてお味の方は・・・やはりメルロー&カベルネの香りパワーの実力うかがい知れるな・・・。いわゆる西洋の香りがほんわかと漂います。当時の人々にとっては文明開化だったんだろうな・・、この品種に出逢ったときには。で、岸平さんのこの辺りのコーディネートと仕上げ方、相変わらずお上手ですね。晩酌のツマミにもなる、ご飯のおかずにもなる。残しておけば明日のお弁当にも・・・。ちなみにベリーAの古木、この2006年は生産量が少なかったので、こちらのワインにブレンドされているそうです。)
スミマセン。裏のラベルを確認すると、この年のセパージュ=ブレンド比率はカベルネ・ソービニヨン45%、マスカット・ベリーA45%、ブラック・クイーン10%で、メルローは使われていませんでした・・どうもブラインド・・・苦手です。(ご指摘いただきましたU様ありがとうございました)

最初のうちは上品なメルロー系の香りとちょっとストレートなベリーA&ブラッククイーン的な酸が仲良くしているんですが、グラスの中で時間がたつと・・・結構ラブルスカ系ハイブリッドの腕白な果実味が登場。懐かし甘味が出て来ます。この懐かしさ、が大切なんだね。異文化に目を向けつつ、ご先祖も大切に。遙かなるモンゴロイドの記憶なのかな・・・?(友達で25才ぐらいまで蒙古斑消えないやつ、いたこと思い出しました。)で、しっかりと寝かせてどうよ?なんですが貴男、そんな野暮な事はい言っこなし!今晩は・・・マグロの唐揚げがお家で待ってます・・・・。
↑ここでもまた「メルロー系の~」と言っていますね・・・。重ね重ね申しあげると、このワインにはメルローは使われていません。・・・・冷や汗ものだよ・・・・樽からのニュアンスがそれっぽく感じられるのかな・・・
2006年01月29日、平塚で機山洋酒工業とタケダワイナリーのワインをメインとしたワイン会が行われました。alarは仕事で参加できませんでしたが、そのワイン会のついでにと岸平さんが当店へ・・・。それから数ヶ月、とあるところで「キュベ・ヨシコ R.D.1992」を・・・う~ん、ロデレールのクリスタルよりも『クリスタル』!。と言うことで、alarのご紹介するニッポンのワイン第2弾は、タケダワイナリーです。
タケダワイナリーは、蔵王連邦のふもと、山形かみのやま温泉郷よりほど遠くない南向きの高台に位置しています。1920年(大正9年)開園以来、「良いワインは良い葡萄から」をモットーに、土づくりから始めた葡萄栽培、20年の歳月をかけ土壌改良を行い、葡萄栽培に適する土地をつくりあげました。そして、日当たりと水はけの良い、15ヘクタールの自家農園で自然農法栽培(低農薬で化学肥料を使用しない。)による、葡萄栽培を行い、自社で一貫したワイン醸造を続けています。

現在の社長は岸平典子さん。玉川大学農学部農芸化学科卒業後、1990年にフランスへ。フランスでは国立マコン・ダヴァイ工醸造学校上級技術者コースを専攻した後、醸造学者ジャック・ピュイゼ主催のフランス国立味覚研究所にて研修、そしてボルドー大学醸造研究所ティースティングコースを修了し、1994年に帰国。タケダワイナリーでは兄の伸一さんのもとで、ワイン醸造家として働いていました。しかし1999年突然の事故で伸一さんが亡くなられ、これをきっかけに原点に戻ってタケダワイナリーを見つめる決心をしました。

2008年10月、かれこれ4回目のワイナリー訪問。一応「収穫祭」と言うことでめずらしくアポ?取っていきました。・・・スーツ姿にしっかり長靴。格好いいな~。あまり造り手に感情移入してはいけないと常々思っているalarですが、此処の風景、結構好きなんです。と、いうか「斜面」が好きなのかな・・・・。

カテゴリ