エクイス ドメーヌ・デ・リゼ クローズ・エルミタージュ エキノクス 2008 2017夏季 —— 1,500円
割引: 12%OFF


ドメーヌの中心アイテムであるクローズ・エルミタージュのカジュアル版。ラベルにはド・リセの名前が入っていません。買いブドウ、と言うことなんでしょうか?・・・・ハッキリと解りません。「equinoxe:エキノクス」は分点(ぶんてん)のこと。天球上で天の赤道と黄道とが交わる点、いわゆる春分点と秋分点のことですね。また同時に春分・秋分ののモノも指し示す言葉です。それとこのラベルの宇宙人の様な生き物?とはどういう関係があるのだろう?ラベルはマキシムと共にドメーヌを運営するパートナーの兄(イラストレーター)によるものだそうです。

で、昨年の同様に秋分の日=秋のお彼岸目指して、なリリースです。でもインポータさんの資料によると「08VTは難しいVTだったが、エキノックスのようなワインにはそれほど困難は感じず、07VTに負けないくらいのクオリティの出来となった。果実は美しく、バランスはパーフェクト。凝縮感もほどほどで上品。SO2は少量のみ添加なので、果実が最大限に表現されている。また、熟成期間が短いので、生き生きとした酸が楽しめる。春に瓶詰を行うため、マキシム自身"Spring Wine"と呼んでいるが、"Spring=生き生きとした"という意味もひっかけて、07VTがワイン・スペクテイターで記事になっている。」となっていました。と言うことは、秋分の飲み頃を意識したのじゃなくて、春分辺りに瓶詰めした為のネーミングかな?と思いましたが・・・・・やはりインポーターさんの資料を見ると「瓶詰め:2009年4月15日」となっていました・・・例によって当たらない予想です。

香りの印象からすると2007年よりも幾分薄い感じですが、香りがいい。チェリー風のマカロン、キルッシュ、青山椒のようなスパイス感。良い意味で軽く、若々しさに溢れていますが・・・飲んでみるとこれが意外とホットなボディーを持っている。この辺りは上質なクローズ・エルミタージュにも通じるところ。このバランスを巧くまとめていますね。トップの香りが飛ぶと、次第に下の方から、よく知っているシラーの香り。重厚でありながらエレガント。クラス的には申し分ない味わいの広がりが感じられます。

全体像はある意味古典的というか伝統的な味わい。まずはきちんとした、南のワイン的なアルコールの骨格がしっかりとしたところ。そこに切れのある酸の繊細な外殻が重なり、内へ外へと引っ張り合うことできれいなバランスが取れてくる。このバランス、で「エキノクス」なのかな?と深読みしてみるのですが・・・。

当たらぬ深読みしている間に、ワインはグラスの中で次第に落ち着いてきます・・・瓶を少しばかり振ってみたい!新鮮な鳥レバの塩などに合いそうですね。程よく脂の乗ったカシラでもイイかな?かなり明日も楽しみです。(2009.08.20 いのまた)

「明日も楽しみです」というか、ジャカジャカとボトル振っちゃわないと抜栓(と言うかスクリューキャップなんで捻らないと)当日には本来のオイシサが足りないかのかな?と言う2日目です。・・・で、やはり今風なワインに必要なのは「酸味」ですね。スイーツの世界が甘味から、その素材の味わいを大切にするように、お寿司の世界が産地のこだわりからその時の味わいの極上を求める様に・・・。醸造よりもその前に栽培!を地でいっている感じがします。

カテゴリ